小さなヤギの家

シェルティ・次郎のおはなし

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
我が家に来たヤギさん
6月10日。次郎(通称JIRO)がうちにやってきました。
糸ミミズみたいに細い尻尾を必死に振っていたJIRO。
痩せた身体で人間を見ると怯えていたJIRO。
股から足の先までが酷く黄ばんでおり、明らかにそれは長くに渡って尿を浴び続けたせいで変色していたのが分かります。
身体中に無数に付着していた小さな黒い塊は、きっと糞がこびりついて取れなくなっていたのでしょうか。
毛には艶がなく、耳の中は少し遠くから見てもはっきりと分かるほど真っ黒で、それが耳垢であるのは一目瞭然。
それでも、我々と出会った時のJIROは、かなり身なりが綺麗になった方だったそうです。

とある里親募集掲示板にてJIROと出会い、保護されたKさんから10日の夕方に無事JIROを引き渡されました。まだ生後4〜5ヶ月。それなのに、Kさんに保護されるまでのJIROは、ワクチンもフィラリア予防も狂犬病予防接種もノミ・ダニ駆除も、何も施されておりませんでした。
ただ珍しいからと禁止されている配合によってこの世に産み落とされ、奇形となった外見の為に売り物にもならずに放置されていました。
糞尿でぬかるんだ地面に毎日おり、短い綱に繋がれて、ご飯も水も満足に貰えずに、ただ孤独にその日が終わるのを待ち続けていたのでしょうか。

jiro1
↑ 保護されて間もない頃のJIROだそうです。助けてもらって、本当によかったね。



JIROがどうしてシェットランドシープドッグに見えないのか、その理由は引き取る以前から調べていたのである程度知ってはいました。更にその後、Kさんも詳しく教えてくれました。
シェットランド(以下、シェルティーと略)は大きく分けていくつか毛色の種類がありますが、代表的なのがセーブル、トライ、ブルーマールとかですよね。JIROはその中でも掛け合わせてはいけない系統であるブルーマール同士の配合から生まれてきた子犬の可能性が高いのだそうです。ブルーマール同士から産まれてきた子犬は、血が濃いせいなのかどうかは不明として、殆どの確率で死亡または仮に無事生まれてきても奇形が多いのだそうです。それらの多くは生まれながらの失明、聴覚の衰え、それから心臓病などなど。五体満足に生まれてくるのは殆どいないのだとか。だから掛け合わせてはいけないという事になっています。けれども、万が一ちゃんと生まれてくれば通常のシェルティー子犬の価格の倍の価格で売れるのだそうです。それだけ珍しくて貴重なんでしょうね。
つまりそういう心無いお金目的の人達が商品としてどんどん作っていってしまうらしく、JIROのように奇形を持った場合は売り物にならないから処分されたりするケースも多いのだとか。
実際にJIROも運良く心臓や耳には現在何も問題は見当たりませんが、左目が殆ど見えていないそうで、更に右目の眼球が三つに分離してしまっています。後日病院にて診察をしてもらった結果、白内障が酷く進行しているらしく、眼球の外側に小さな気泡がいくつもあると医者にも驚かれました。体重も痩せすぎていると言われ、もっともっと餌を増やさなければ成長できないとも言われました。
更に痩せていたのには原因がありました。Kさんに保護された当初から酷い下痢と血便で大変だったらしいのですが、うちに来てからすぐに条虫(サナダムシ)が見つかりました。
ノミダニもわんさかいたようで、家に来てから最初に二週間で、二十箇所近く私も刺されてしまいました。
JIROがあと半月、一ヶ月でも遅く保護されていたら、一体どうなっていたのだろう。もしかしたら生きて出会えなかったかもしれないと、そう思えば思うほど、無事助けられて良かったねという気持で一杯になります。




我が家にやってきたJIROは、そのまま部屋中を歩き回る事もなく、ただじっと一箇所に座り込んだまま俯いていました。無理もありません。折角保護してくれたKさんのお宅から離れ、今度は違う飼い主になってしまったのだから。緊張も警戒も恐怖だってあったに違いありません。もしかしたら、捨てられちゃったのかと不安になっていたかもしれません。
一メートルくらいのろのろと歩いてはその場に座り込み、数十分してから同じ事をゆっくりと繰り返す。そんな日々が数日間続きました。当然ですが、初めは呼んでも走ってきやしません。

jiro2
寝てばかりで、ご飯もあまりガツガツ食べなかったJIRO。今振り返ってみると、ちょっとだけあの頃に戻ってほしいお。笑



そんなJIROでしたが、最近はようやく散歩でも自ら進んで歩き始めるようになり、確実に何かが変わりつつあります。家の中でも走り回ってて破壊力抜群で、いつも旦那に怒られているしね・・・(;´Д`)
今のところ助かっているのは、そこまで酷い悪さをしない事(壁やコンセントやカーテンなどがボロボロとか、そういう被害はなし)、散歩中に走行中の車や他の犬達に対して一切吠えない。(車やバイクには怯えるけど)
ただ、家の中での吠え方は凄いですけどね。朝なんて五時過ぎると遊んでコールが始まりますからね。毎日早起きの旦那は可哀想だよね、まだ眠いもんね 。・゚・(ノД`)・゚・。
動物病院でも、暴れたりしないし注射も全然オッケーだし、飲み薬もそれだけでペロっと食べてしまうし。その辺は今のところ大丈夫。あとはシャンプーの時にもうちょっと大人しくしてくれるといいんだけど・・・

jiro3
最近では、こんな姿も見せてくれます。熟睡していると自然とこんな格好になるようです。けど、初めて見た時は、何かの病気なのかと一瞬焦りました。





JIROを外に連れ出すと、必ずと言っていいほど毎回通行人の誰かが振り返ります。向こうから声をかけてきて何て種類の犬なのかと尋ねてくる人もいますし、可愛いと近づいてくれる人もいます。中には犬?ヤギ?と聞いてくる人もいます。
分かるよ、気持はよく分かりますよ。私も初めてJIROを見た時には、思わずヤギって言ってしまいましたからね。
ただ、この間一つ嬉しかった事がありました。宅配便のおじさんが荷物を届けにうちに来られた際に、玄関入ってすぐの場所で座っていたJIROを見た途端、「それシェットランドですよね?珍しいー、そんな真っ白なの初めて見ましたよ。」と言われました。
実はこちらから何も言わずに一発でJIROがシェルティーだと分かってくれた人は、この配達のおじさんが初めてだったんです。(笑






JIROが家に来てから一ヶ月以上が経ちました。何だか長いようであっという間でした。最近は色々な事を覚え始めているので、躾けの特訓中です。甘噛みと要求吠えが何とかなってくれれば、もう殆ど言う事なしなんですが。頑張って特訓に励みますヽ(゚∀゚)ノ

jiro4
| 05:01 | JIROについて | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| 05:01 | - | - | - |
Comment








んちゃーヽ(*´∀`)ノ
たどり着いたなり〜〜〜。
新ブログ開設おめでとちゃーん!!

て!!JIROたん、なんだかふくよかになった???
かわいかわいね〜〜(´∀`*)

でも、今までのいきさつ、現状としてそういう行為が行われていることになんだか涙してしまったよ。。。
人間って勝手な生き物だもんね、、、

しかーし!!こうしてJIROたんみたいに新しい家族に迎えられて幸せにすごせるチャンがいることも事実!!
皆で幸せに過ごすのだーーー!

オイラんとこのマニーも、里親募集からもらった子なので、なんだか他人事じゃない気がするだよう。
あやつも、毛色が特殊な割には野良猫だったから、いろいろ事情があったのかな〜?とか思ったり。

まぁ、小憎らしい時もあるよね(* ´艸`)

また、お写真楽しみにしてるよ〜〜
posted by コリラックマ宴会部長 | 2007/07/29 10:32 AM |
>>コグマ
くまああああああああああヽ(゚∀゚)ノ ☆
ブログ開設またしたーよ。アリガトおおおおお!!
で、いつ大航海に復帰するお?(´ρ`)
JIROさん随分と太ってきやした!でも先生曰く、まだまだ食べさせろだそうです。デブーになったらどうしよ・・・(;´Д`)

そうだったね!クマクマの所のマニーたんも里親さんからだったね。あの首毛がふっかふかーで、あの毛をJIROさんに分けてほしいお。・゚・(ノД`)・゚・。
トリミングしてすっきりなマニたんも可愛かったっす!
マニたんもJIROも可哀想だった境遇の子だしね。お互いに大切に育てていきまっしょ。
またいつでも遊びにきてえええええ。
posted by ジル | 2007/07/30 11:51 AM |
新ブログ開設おめでとう♪

JIRO君、写真で見る限り確かに毛つやも良くなってきてるようですね。

秋くらいになったら会いに行こうかな?
posted by 茂木 | 2007/07/31 3:19 PM |
>>ボギ
おおお!遊びに来てくれてありがとー!!
んと、多分以前と同じく更新頻度はかなり低いかもお( ´艸`)
またいつでも遊びに来てやってくだせぇ。
JIRO子さんですが、おかげさまでずいぶんと大きくなってプックリしてきましたよ!毛も少しだけ伸びたくさい。更に尻尾も太くなってきたーよ。
そうだね。涼しくなったら、是非是非遊びにきてねー。いつでもいいからね〜。楽しみにしておりまっすヽ(゚∀゚)ノ
posted by ジル | 2007/08/01 10:49 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>